●●●陶器●●●


原材料:陶土、長石、けい石
焼成温度:800度〜1200度
特徴:給水性があり、光は透過しない。

ざらざらとした手触りで使用前には水止め処理を
行う必要があるなど少し手間と取り扱いに注意が必要だが
温かみのある雰囲気は陶器ならではです。



[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [83] 商品中 [1-40] 商品を表示しています 次のページへ

【よしざわ窯】メロンパン皿

1,100円(税込)
SOLD OUT




【齋藤奈月】十字型

1,100円(税込)



【よしざわ窯】花の蝶々皿

1,430円(税込)
SOLD OUT






【よしざわ窯】oldwhite ひつじ皿

1,430円(税込)
SOLD OUT



【よしざわ窯】白鳥のマグ

1,650円(税込)
SOLD OUT



【よしざわ窯】白鳥のプレート

1,650円(税込)
SOLD OUT



【よしざわ窯】スズランの絵皿

1,430円(税込)
SOLD OUT



【よしざわ窯】レモンの深皿

1,320円(税込)
SOLD OUT




全 [83] 商品中 [1-40] 商品を表示しています 次のページへ


●●●陶器の取り扱いについて ●●●


●陶器の特徴

製品の工程上、表面に小さな凹凸があったり、小さな穴が開いている事がありますが、
品質には問題ございません。
また、釉薬の流れを感じる部分やムラがある部分がございますが予めご了承下さい。

●貫入について

貫入は既に入っている、または後から入る釉薬のヒビ割れの事です。
素地と釉薬の収縮や膨張によって入るもので、本質的に避けられません。
焼き物の表情の一つとしてお考え下さい。
目に見えていなくても初めから貫入が入っている場合があり、
ご使用になるうちに貫入が増すこともあります。
素地が割れているわけではありませんので、ご使用には差支えありません。

●電子レンジ・食洗機・オーブンをご利用の際の注意点 食洗機の洗浄による高温・高熱により割れる場合はございませんが、 出し入れや洗浄中の衝撃で割れてしまう場合があります。 器がほかの物とぶつからない様に気を付けてご使用下さい。 また、熱くなった食器を急激に冷やさないようにご注意下さい。 ヒビやキズの入った物は割れるキッカケになる事がございますのでご使用をお控え下さい。 ●陶器をお使いになる前に お使いになる前に米のとぎ汁またはキレイな水に30分ほど浸しその後十分に乾かしてからお使い下さい。 こうすることで汚れやシミがつきにくくなります。 また、普段は軽く水に濡らしてからお使いになると、お醤油やお茶などの色が染み込みにくくなります。 ●陶器をご使用になった後は ご使用後は早めに中性洗剤で洗ってすすぎ、濡らしたまま長時間放置しないで下さい。 また、よく乾かしてからご使用下さい。乾燥が不完全なままですとかびやにおいの原因になります。 上記で書いた様に陶器は吸収性があるため漂白剤の使用は推奨されておりません。

Your recent history



▼新入荷商品
▼再入荷商品
▼全ての商品






$Mari's blog

$Mari's blog

$Mari's blog

$Mari's blog

$Mari's blog

$Mari's blog

$Mari's blog



$instagram

$facebook