■磁器について
◇原材料:陶石、長石、けい石
◇焼成温度:1300度〜1400度
◇特徴:吸水性なし、透光性が高く薄手のものは光にかざすと透けて見える。

◆磁器の特徴
主に石の粉末を練ったもので出来ており、
高温で焼き、生地が硬く焼締まるので強度があります。
なめらかな手触も特徴のひとつです。

素地の色は少し青みのある白色。
洋風の雰囲気にもぴったりです。
絵付けや釉薬の色がはっきりと出るので
鮮やかなデザインのものも多く見られます。

素地の粒子が細かく焼成後は半ガラス質になるので吸水性がないため、
色やにおいが移りにくく、また耐久性に優れているので
扱いがシンプルな器といえるでしょう。

◆磁器の取り扱いについて
◇貫入について 貫入は既に入っている、または後から入る釉薬のヒビ割れの事です。
素地と釉薬の収縮や膨張によって入るもので、本質的に避けられません。
焼き物の表情の一つとしてお考え下さい。
目に見えていなくても初めから貫入が入っている場合があり、
ご使用になるうちに貫入が増すこともあります。
素地が割れているわけではありませんので、ご使用には差支えありません。

◇電子レンジ・食洗機・オーブンをご利用の際の注意点
商品ページに使用不可とある場合はご使用をお控え下さい。                
食洗機の洗浄による高温・高熱により割れる場合はございませんが、            
出し入れや洗浄中の衝撃で割れてしまう場合があります。                
器がほかの物とぶつからない様に気を付けてご使用下さい。                
また、熱くなった食器を急激に冷やさないようにご注意下さい。            
ヒビやキズの入った物は割れるキッカケになる事がございますのでご使用をお控え下さい。                            
                                            
◆磁器をご使用になった後は                                                        
ご使用後は早めに中性洗剤で洗ってすすぎ、濡らしたまま長時間放置しないで下さい。    
また、よく乾かしてからご使用下さい。
また、使用していくうちについてしまう茶渋やよごれには食器用漂白剤のご使用も可能です。